自分が恥ずかしいと思うことは、周りから恥ずかしいとは限らない

少し前まで、認めたくはなく恥ずかしいと自分で思い込んでいたことを書きます。
その前に、私の体のことはプロフィールに書いてあるので確認してください。

[その内容についてですが、私46歳ですがオムツをしています。]
最初はこれが、自分自身で認めたくなくて隠していた内容です。

認めたくないときは、まだその年齢ではない、バリバリやれると思ってました。
ただし、私の体が前より思い通りに動かしにくくなっていき、正直にいって[オモラシ]もしました。
最初の1、2回は、間に合わなかっただけと考えたくて誤魔化してたのですが、連日なってしまうと私も自分に情けなくなり、このままではいけないと考えるようになりました。
私は、障がいのある方の学校に社会人講師で教えに行ってるのですが、この前生徒が教室でオモラシしてたのを聞いて、先生はなれた感じで処理してました。
私自身、隠してることについて恥ずかしい思いにりました。
それから、子供に話したし知り合いにも聞いてもらったのですが、何でそんなこと悩んでるの?
と言われました。
そうなんだ、今の自分をまず自分で認めないといけないんだ!
そう思うようになりました。
この数週間の、心の変化になります。
それから、認めて最低対処できるようにしました。
私みたいな、痙性対麻痺の方はこの事をほぼ対処してるみたいでした。
体の調子の変化ではあるのですが、我慢せずに改善して対処出来るように、今後も改良していきます。
こんな話ではありますが、同じ考えのある方がいるようでしたら、恥ずかしがらずに自分に最適な対処していきましょう。
この話が、参考になれば良いと思います。

この記事は役に立ちましたか?

U-NEXT

関連の記事

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA